つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

ゆけゆけ、乙女のつくば道

 




ゆけゆけ、乙女のつくば道

4月1日、2日

今年も職人の庭にて、ワークショップをさせてもらいます^_^

1日 竹の箸置き

2日 六つ目編みかご

となります。

六つ目編みかごは定員が8名なので、お早めのお申し込みがいいかと思われます。
編みから覚えてもらいますが、初めての方でも大丈夫です。安心してください。私、教え方、上手かもです(笑)

ワークショップの詳細は こちら

つくば山の麓、散歩しながら、こっちにいってはこれ、そっちにいってはそれ、ゆるゆ~るイベントを楽しめる、ほっこり癒しの、お昼寝したくなっちゃうような、春にぴったりの二日間になると思います。

お待ちしております^ ^

イベントの詳細はこちら

同日開催となってしまいましたが、神田川アートブロッサムにては竹の提供技術指導をさせてもらっており、香取神宮の御田植祭には編み傘骨を納品させてもらっています。私は乙女の方におりますが、合わせてそちらも宜しくお願い致します。

 

おいり

 


可愛らしいお菓子、いただきました。

讃岐香川の伝統菓子「おいり」

以下説明文。

郷土風習としておいりを持って他家へ嫁ぎ家族の一員としてお入りになります。
心を丸くもってまめまめしく働きますのでよろしくお願い致します。という意味が込められています。

だそうです。

ほっこり優しいお味。

今日はなんだか何もかも上手く噛み合わない日で。

鯉のぼりのかご玉、軽トラの荷台に載せ、くくりつけ、配達しようとしたところ、雨が降ってきたり。

なんやかんや。

そんな日って、ありますよねぇ。

どうあがいても、駄目。みたいな。

一服して、流れが変わったら、いいなぁ。
 

残骸

 


残骸。

滅茶苦茶である。

鯉のぼり、とりあえず数個、どうにか完成。

片付けする気力が…ない…
 

御田植祭

 


香取神宮さんではこの時期、御田植祭があります。
今年は4月1日2日だそうです。
そこで使われる竹を編んだもの、昨年に引き続き納品させてもらいました。
1日は牛が田んぼを耕すそうですよ。
昨年、この編んだものがどんな風に使われているのか観に行かせてもらったのですが、こんな祭事があったのかぁと興味深く、そして桜咲く参道に、心踊りました。



境内の一角。苔に陽だまり。この写真では美しさが伝わらないけれど、なんだか目をひかれました。



そしてついついひきたくなってしまうおみくじ。

さすがわたくし、大吉です(笑)

今年二回目です( ^ ψψ ^ )



少し車で行ったところには品揃えが大充実した道の駅もあり、観光スポットの昔ながらの街並みもあり、香取、佐原、楽しいです。ぜひ足を運んでみてください^ ^

今、竹やぶの中でブログうってます。

冬に伐ったモウソウチク、今日も取りにきています。

さてさーて、

と車から出ようとしたら、前から



たぬちゃん?!

お腹のところが毛がなくて、可哀想です(涙)
どうしたのでしょうか。、。

それは置いとくと、

トコトコトコトコ。
歩き姿が、あ~可愛い(〃ω〃)

やっぱり、大吉だわぁ~。
 

ごーしちご

 


モウソウチク

2つに割るのも

一苦労

_| ̄|○
 

コッコッコッコッコメーリー♪

 


昨日の教室に木槌を忘れてきた模様です。

このニワトリ、頼りになる。
 

緑の

 


常陸大宮市の「緑の」さんでの四海波ワークショップ、無事終了致しました^ ^



午前9名



午後8名

全員完成でーす!

なんてったって、素敵なお庭に素敵な建物♡
高台から眺める景色は最高で、ここで出来て気持ちよかった~^ ^

緑のさんの様子、写真アップしまーす↓













温泉入ってノンアルコールビール呑んで、帰りまーす╰(*´︶`*)╯
 

ウロウロ

 


大ものなので外で作業していました。

暗くなり、センサーライトを頼りに続けていたのですが、少したつと…

消える…

立ち上がり、ライトの前をウロウロし、また作業。
消える。
立ち上がり、ライトの前をウロウロし、また作業。
消える。

・・・・・

イラっ( *`ω´)

ものをどかし、どうにか室内でやることにしました。

いやぁ~それにしても、ヤバいです。

やってもやっても終わらない。

でもやらないと終わらない。
 

竹の活用

 


確定申告をしに市役所へ。

入り口にこんなものがありました。

イノシシ~!

そういえば…

イノシシを作るから骨組みに竹の割ったのないか?と市役所の人がふらっと現れた事を思い出しました。

捨てるようなものでいいと言って持っていったような。。、

耳の竹は確認できました。

目はですねぇなにやらキャップの蓋がささっているのです(笑)チャーミング~( ^ ψψ ^ )
農林水産課なので、何か農業用の、何かの蓋なのでしょうか。

「わらでイノシシつくっぺ!」
とか、
こーゆーとこ、好き♡

行方市、最高でございます。
 

よなよな 2

 


ふるさと納税の返礼品としての籠も作っています。

私の籠を選んでくださった方々へ、簡単ですが、お礼のお手紙を書かせてもらっています。

遠いどこかの誰かに、行方市の竹、届くなんて、なんだかふわふわ。おとぎ話。ロマン。上手く言えないけれど、上の空の時の頭の上の方でのめくるめく想像。

沢山あれこれある中で、なぜ私の籠をこの籠を選んでくださったのでしょうか。。

有難うございます。

このご寄付、行方市民として、心より御礼申し上げます。
プロフィール

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR