FC2ブログ

つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

もりの庭

 


もりの庭という小さなゆんるりしたイベントに、ワークショップで呼んでもらいました。

車で利根川をのぼっていくような形で堤防と並行して走って行ったのですが、散歩やランニング、自転車に乗っている人が楽しげでした。

で、到着。
ほほ~っ、ここが白井市なのねぇ。
なんだか行方市と似ている雰囲気のところもあり。
即、親しみを覚えちゃいました~。

でで、全員かんせーい!

竹籠のワークショップは女性の方がほとんどだったりするのですが、今回は男性も2名ほど参加してくれました。
そしてお二人とも器用でびっくり!
興味を持ってくれて嬉しいですねぇ。

最後に参加者の方のお一人から、竹籠がどうして高いのかがわかった。というお言葉を頂きました。

ニヤリ( ̄+ー ̄)

実はそれも知っていただきたい事の一つなのでした。
そうですよね。私も以前はそう思っていました。でも自分でやってみて、それは間違いだったと気付きました。むしろ、安い。安すぎる。

知ってもらいたい事、伝えたい事が沢山あったので、だからワークショップをやり始めました。だからあちこち出掛けて行っています。

後継者不足、環境問題、などなど、そんな話もしたりしますが、一番届けたいのは、実は私の感動なのかもしれません。職人さんの技に触れてみて感動、素晴らしい職人さんたちに出会って感動、そしてもちろん笊籠の素晴らしさに感動!
その時の私の心の動きは今でもあせることなく私の中にあるので、それを皆さんに伝えたいのだと思います。共感してほしいのだと思います。
面白いですよね?!これ!
すごいでよね?!これ!
素晴らしいですよね?!これ!
ですよね~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
みたいな。

その時の心の動きがあったから、のめり込み、続けてこれたのだと思います。

色々皆さんに知ってもらう事、それは技を出し惜しみなく教えてくれ育ててくださった職人さんたちへの私なりの恩返しだったりもします。

長くなりました…

お呼びいただき、有難うございました。

またお会い出来たら嬉しいです(^^)

Comment

対価

自分で作ってみて初めてその本当の値段がわかりますね。
でも、師匠の店で売っている小物輸入竹製品の安さにガッカリもします。
国産との品質の差を分かってくれるお客さんは少ないし・・・。

2016.09.19 | タコノアシ[URL] | Edit

Re: 対価

籠の値段はピンキリで、私の中でも安め高めがあって、自分の籠に関してはそれは何故だかどういう作りだからそうなのか、出来るだけお客様には説明するようにしています。
ヘェ〜と思った事って、ずっと覚えていて、他のどこかでまた籠を見た時に、きっとその話を思い出してくれているはずです。
竹籠知識普及活動、地道に一歩一歩ですね(^^;;

2016.09.19 | せいし[URL] | Edit

    
プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR