FC2ブログ

つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

あやざる ぼてざる

 

竹をやっているとおじさんとかおじーさんとかと仲良くなります。

今日は漁師のおじーさんが漁場で使う籠を見せに来てくれました。

左はあやざる(しどきり)。
地元の職人さん吉田さんが作ったものだそうです。
はじめて見ました。
ぱっと見で、きれーい!と声が出てしまいました。
「あや」とは編み方だと思います。
「しど」って何ですか?とおじーさんに聞くと、網の袋に魚がたまっていてそこをしどと言うらしい。
これは小さい方だということ。
魚をすくって水の中で揺らすと、編み目の隙間から細かいゴミが出るしくみ。
今はプラスチックのものがあるということですが、たまにはこれも使うそうです。

右はぼてざる。
編み方がここのものじゃないなと思ったので、誰が作ったのかを聞くと、これはもらったかなんかしたものらしい。
布袋様のようにふっくらした籠という意味。「ほてい」がなまって「ぼて」。
いわゆる魚籠。
魚籠といってもいろんな形があるもんです。
ぷっくり可愛くて、これまたかわいー!と声が出てしまいました。

今はちょっと手が着けられないですが、あとで借りて、これを見本に形を覚えよう。

こういうもの、作りたかったんだよな。
私。
そういういわれとかルーツとか、そういうものを大事にしていきたい。

初心にかえりました。

昔の籠、残っているうちに覚えなければ。
職人さんも皆ご高齢。
早く早く覚えなければ。


Comment


    
プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR