FC2ブログ

つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

竹で縁を巻くということ

 

竹で縁を巻くということ。

籠作りで一番難しい部分かもしれません。
材料選び、材料作り、そしてそれを巻くという事。
それ以前に底編みからちゃんと計算されていないと縁が巻ききれません。

大分と茨城では籠の作りが違います。だからもちろん縁の巻き方も違います。でもやはり、いずれにせよ一番難しい部分です。

縁巻きをしていると、
『竹は竹でおさめる』
水俣の職人さん、井上克彦さんがおっしゃっていたその言葉がずっしりきます。
『縁は籠の顔』
地元の職人さん、吉田平さんがおっしゃっていたその言葉が頭をよぎります。
そして今まで見てきた職人さんたちの手の動きが頭の中をぐるぐるぐるぐるまわります。

これに持ち手がついて果物かご。

Comment


    
プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR