つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

写経から

 






おはようございます。
今日も五時起き。月イチ写経です。

お手本とおんなじ字を書こう。
写経のやり方としてどうするものなのかはわかりませんが、私は毎回そう思って、あえてそうしたくてやっています。
でも、書き終えて顔をあげると、全面が私の字。

籠も、見本とおんなじ籠を作ろう!とやっていて、出来上がりサイズはおんなじなのに、なんだか私の籠に。

ワークショップでは、材料作りは私がする訳ですが、みーんな編みあがりの形・大きさが違うのに、全部に私の面影が残っていて。
ひご幅、厚みが、こんなにも影響するんだなぁと。
当たり前っちゃ、当たり前ですが。

せいしさんの籠は女性らしい。
よくそんな事を言われます。
最初言われるまで、自分ではそんな風には思ってもみませんでした。

いいのか、わるいのか。

型にはまろうとしているのにどうしてもはみ出でしまう事、
狙ってもないのに自然とそうなってしまう事、
それがよく言えば個性だとしたら、
これが私の個性なのかと思っています。

でも、本当は無骨な籠に憧れてるんだ。私は。
職人さんの籠、惚れ惚れします。
涙がでるほどかっこいい。
ベクトルは逆で、作れないからさらに憧れるんだとも思います。

しょーがないのであきらめて、それはそれで有り難いと素直に受け取り、二本レールでその無骨な籠も習得してやろうじゃあないかぁっ!と。

写経からそんな事を思った帰り道
はす
かや
かき
の実り。

みのり、みのるっていい言葉だなぁ。

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.10.03 | [] | Edit

Re: No Title

コメント有り難うございます!
ぜひやってみてください!
たぶん、写経は字のうまいへたではないのだと思います。たぶん(笑)
自分との対話になって面白いですよ!

2014.10.03 | 勢司です。[URL] | Edit

    
プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR