FC2ブログ

つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

364 「笊と篭 生活の道具店」

 


明日搬入だというのに、前日の夜中、値札付け全く終わってません。

カオス(T_T)
 

SLOW

 


個展の準備でわたわたですが、

千駄木のSLOWさん!
オーナメント、数個ですが、追加納品させてもらいました。
写真はイメージ。
一個一個ちょっとずつ違うのでお気に入りの一つを選んでみてください。

SLOWさん、こんな感じで紹介してくれていました。
こちら
 

見えたー!

 


どぅわあーーーーーーーーーーっ!!!

見えたあーーーー!--!--!--!

丸笊の縁巻き、

見えたあーーーー!--!--!--!

脱皮!爆発!宇宙ロケット!

辛かったー

今初めてなにかが見えた気がする

ここから下に下がらない事。
上はまだまだ。
そしてこれをすんなり毎回100パーセント出来るようにすること。
精進精進。
他の籠笊の仕事が私を育ててくれていた。
無駄な事はなかった。
ここまで長かった。
これからを思うと、また試練だけれど、
やっぱり嬉しい。泣けてくる。

この喜びを当たり前に出来るように。
 

364 「笊と篭 生活の道具店」

 


21日より!
西荻窪の364さんにて!
「笊と篭 生活の道具店」

ギリギリまで作業をしたいのですが、芳名帳を作ったり、取り扱い注意書きを作ったり、そんな作業もしなければなりません。パソコン嫌いなわたくし、渋々、不慣れながらも格闘を始めました。慣れている人ならば、さくっと作ってしまうところでしょう。注意書きは前回使ったものをお直ししているのですが、言い方、伝え方って難しい。
うーん_| ̄|○

あー、ひご水につけてある。
それもやらなきゃー。
うーん。

在店予定ですが、初日から3日間を予定しております。
21、22、23日です。
(21、22は行方市のイベントにも!)

さて、新作ドデカオーナメント!
約30センチ!
来月はクリスマスなので。
ドアに一つ、壁に一つ、結構目を引きます。
どうでしょう。

それではそれでは、お待ちしておりまーす!

展示会の記事、あげてくれています。
364さんはこちら
 

なめがたを食べよう!

 


11月21日22日
吉祥寺ふれあいデッキこもれび
「なめがたを食べよう!」
野菜王国!行方市のイベントに参加しまーす!

私は両日とも10~11時半まで、野菜、つくだに、漬け物、そして焼き芋の横で実演しています( ´艸`)

で、私は籠は出せないのですが、地元の職人さん、吉田さんの籠を販売しまーす!
これはぜひ来るべし!
なかなか東京では見れません!
スンバラシイ腕の職人さんです。
数が少ないので早い者勝ちー!

例えばこんな籠があります!



で、私はそそくさと移動。
12時~はお隣の駅、西荻窪の364さんで個展でーす!

せわしない^^;

イベントのお問い合わせは行方市商工観光課まで!
こちら
 

真澄屋 ワークショップ

 


11月28日29日
流山 真澄屋
稲垣尚友     竹ワークショップ
山本あまよかしむ わらワークショップ

尚友さんのワークショップ、お手伝いに行きまーす!
毎年恒例、真澄屋さんの畑、ハウスの中で日差しを浴びつつぬくぬく野菜の気持ちになって編みます( ´艸`)

竹籠の方は結構いっぱいかもしれませんが、草履の方は絶賛募集中だそうです!
お問い合わせは真澄屋さんまで!
 

ここにわ 手提げ籠ワークショップ

 


藤が丘のここにわさんで、
手提げ籠ワークショップ行います!
12月12日13日!
師走
忙しい最中かもしれませんが、今年の自分へのご褒美にいかがですか?
使い勝手、とってもいいと評判ですヽ(^o^)丿
今回に限って1日しかこれない方も参加出来るようなしくみにしています。
詳しくはこちら
 

輪ゴム

 


作業場で作業し始めてから気づくのです。
前髪じゃま。
以前ブログに書きました。
洗濯バサミでアリエッてる事もあったのですが、長いようでとまりきれません。
で、
テレレレッテレ~♪
輪~ゴ~ム~!
手を伸ばせばすぐそこに。
振り向けばやつがいる。です。
アリエッティから柔ちゃんです。
誰かきたらヤバいです。
昨日はなんだか人が来る日で5組8名いらっしゃいました。
籠をとりにきたり注文お願いされたりなんやかんやと。
昨日は柔ちゃんではなかったので、
セーフ。
今日は・・・
 

世の中で一番

 


世の中で一番好きな食べ物。

あげもち。

たがねの。

夜、夜中にバクバク食べる。

肥る。

でも止まらない( -.-)
 

 


作業をしていて切ってしまいました。
オーマイガーっ!
大したことはないのですが、縫ってもらった方が治りが早い!
とゆーことで病院に来ています。

待っている間こんな本を読んでいます。
竹!
とは潔い題名です。
これ、結構な情報量。面白い。
竹オタクにはおすすめです!

あっ!心配ご無用。少々の不都合はありますが、仕事出来ます。
プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR