つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

な~つの終~わ~りぃ~♪なみぃっおとぉっが響けば~♪

 


西荻窪。364さん。
11月に展示会を予定しております。
その打ち合わせに。
お店に入るとこんな竹の茶箕が出迎えてくれました。
90を超えるおじいちゃん職人さんのもの。
あるかたがお箸を持っていてそこからこの職人さんを知りました。お茶目で素敵なセンスの持ち主だなぁと前々から感激していて。まさかここで出逢えるとは。
嬉しい。
夏野菜の茄子ですが、秋茄子なんて言葉も浮かんでしまう、ここ最近はそんな秋模様のお天気ですね。
まだ夏を満喫していないというのに。。。



大人になると友たちとはなかなか会えなくなってしまいます。
だからあえて、一年に一度!この時だけは!と集合する友たちがいてくれてます。
高円寺!阿波踊り!
休みもなく、毎日めまぐるしかったけれど、これを目標に頑張れました。
でも待ちに待って待ち望んでいた阿波踊りは、その分を比例するかのように、わわあぁぁぁっ!と燃えて、一瞬にして散ってしまいました。
まるでこんな花火のようです。
阿波踊りも線香花火も、夏の余韻と同時にきゅ~んとした切なさまでも植え付けていきました。
もう肌寒く、人恋しく、もの悲しく。
まだ夏を満喫していないというのに。。。

友人宅に泊まらせてもらい朝食を食べたらまたいつもの日常に。
友人たちの優しさを背中に、えいっ!と東京をあとにしてきました。
増えた思い出はしっかり胸に抱えつつ。

夏も、終わりかぁ。。。

友人がこんな風に書いてくれていました。
そっか。バンドエイドか。
そんな事を気づいてくれていた事にじーんときながら。
やっちゃんブログ



帰り道、香取神宮に頼まれていた現物を見にいってきました。作れる人がいなくなってしまったからといただいたお話。
よかった。これなら出来そう。

参道の木々は夏の緑、もこもこもわっ!なのに対して、イチョウの緑だけは新緑のような彩りでした。こんなどんよりお天気の中で唯一ここだけは清々しさを感じられて。

イチョウかぁ。イチョウが色づくのももう目と鼻の先のような気がしてきます。そんなはずはないけれど、でもだって、月日の移り変わりは本当に早くて。
もっとゆっくり愛でたいものが沢山あるというのに。

帰ってきてからは相変わらずの竹割りです。
ピコーン♪
友人から、こんなメールが。。。
「今東京タワーが見える場所から、仕事帰りです。」
夜にぼわっーと赤く浮かびあがるあの東京タワー。。。
哀愁タワー。。。
もうみんなそれぞれの生活が始まっているのですね。

長くなってしまいました。
この一瞬が私の感じた夏でした。
まだまだ私は夏をあきらめられません。
 

工房からの風

 


10月の工房からの風に向けて、本日は全体ミーティング。
出展者の皆さんの焦りや不安、よーくわかります。
二年前の自分を思い出します。
でも乗り越えなければなりません。
物質的には時間がたてばおのずと乗り越えられてしまうけれど、
精神的に乗り越えやり切るにはそれなりのそれまでの頑張りが必要ですね。
焦るけれども心を落ち着けて。
難しいですね。
私も焦り過ぎてしまって、どーしよーどーしよーと作業場をうろうろウロウロ、一日何も手につかなかった事がありました。
自分ではどーしよーもなくなってしまって沖縄の友人に電話をかけてみると、こんな一言が返ってきました。
「なんとかなる。」
なんとかなる。
沖縄の方言だと、なんくるないさぁ。
でも友人は標準語でそう言いきってくれました。
今まで生きてきて、色々あったけれど、どうにかなんとかなってきた。だから、大丈夫。と。
そんなどっしりとした言葉をもらいました。
私はそこからすっと落ち着け、作業に戻れた事をよく覚えています。
もちろん土台は悔いのないように頑張る事、そしたらあとはなんとかなる。
なんとかなる。なんとかなる。
今でもよくつぶやいています。

写真はニッケのお庭。ヨウシュヤマゴボウ。ミーティングの間も鳥たちが実をついばんでおりました。
 

出会い

 


鍛治屋さんの梱包に使われていた新聞。
それで竹ひごをまとめておりました。
ひごを使うので広げてみると…

肥後まりの記事でした。
素敵な記事との思いがけない出会い。

私も郵送の時は茨城新聞を使っています。

いつかの誰かのこういう出会いを、
むふふ♡と企んでいます( ´艸`)
 

エリート情報

 


新聞折り込み紙エリート情報(茨城鹿嶋版)へ記事を掲載していただきました。
22日に入ったようです。

一面に載せてくれ、私が話した事を話したい事をしっかり汲み取って記事にしてくれました。
(この写真には入りきりませんでしたが)地元の籠も写真でいくつか載せてくれて、まだまだ作れる人はいるぞ!とのアピールに繋がったと思います。欲しい人もどこに作ってくれる人がいるのかわからなければ注文出来ない。そうやって廃れていってしまうのだと思います。ひげこ(上棟祝いに使う籠)なんかもこれを見て直接欲しいと言ってくださるかたがいるといいなぁ。

三浦さん、素敵記事、有り難うございました!
 

どろ亀さん

 


今日も満開がんばったー_| ̄|○
布団へなだれこみ両手を上げて万歳ポーズ
伸びるーーーーっ

最近都内へは高速バスではなく電車で行く事が多くなりました。
絶対乗れるし(バスは行列だと次の便になる事が)、渋滞もないので時間がよめる、バス酔いせずに本が読める!
ただ、駅まで車で一時間かかりますが^^;

先日のイベントの行き帰りはこんな本を読みました。
毎日森に入り、樹木に語りかけながら、すばらしい森を育て上げた、どろ亀さんこと、高橋延清先生のお話です。
東大教授でありながら森が先生だからと一度も東京の教壇に立たなかった先生です。

むかーしむかし図書館で出会い、またあらたに読みたくなって手に入れました。

『お金があることは決してよいことばかりではない。お金がないということは想像と知恵を与えてくれる。決して貧乏を悲しむことはない』
ここの文章、読んだわ~
思い出しました。
想像と知恵、おかげさまで結構手に入れましたよ(笑)
 

工房からの風から50人のクリエーション 日本橋三越

 


本日最終日。
沢山のお客様にお越しいただけたようです。
ブログを見て!という方も数多くいらっしゃってくれて。
ただただ感謝感謝感謝です。

22日のトークイベントでのウクレレ&歌、よかったですね~~
まさか生歌まであったとは( ´艸`)
そして曲はまさしくの!
いらっしゃってくれた方だけの秘密にしときましょうか♪
工房からの風のテーマ曲、決定ですね!

さて、今回私は色々勉強させてもらいました。

更にお客様に喜んでもらうためには形として広げるためには、自分の意に反する事も少しはしていかなければならないのかなと。そんな迷いが出てきてしまいました。でもそうはなれないならない自分もわかっていました。このままこの自分の意の中で喜んでもらえるようにやるしかない。でも見せられた現状。
どうするか・・・

けれど昨日、別イベントで遠く向こうでお客様が持つとある籠を一瞬目にし。
そっか。その手があったかと。
この地ではたやすくないかもしれないけれど、やって出来ない事もない。広がりを見せつつ、意に反せず、あらたにやってみたい新しい方向性が見えました。

どうしてそこに気付かなかったのだろう・・・
やっぱり私は頭がかたい。

なんだろう、作るものの種類に関してはやっと安定(マンネリ化?)はしてきたけれど、だからこそ深く深くなってきている訳で、同じものを数作っているからこそ見えてくるものがあって、そして昔ながらの地元の籠も勉強しているけれど、それらは今は使命感のようなものが大きくて。
でもここにきて、方向性は一緒、広がりを見せつつ、ただ素直に楽しいから作りたいと思えそうな理想が現れて、今はなんだかわくわく嬉しくなってきました。忘れていたなぁ、このわくわく。

さて、皆様にお目にかかれるようになるのはいつになるやら。
そしてはたしてなれるのか。

いらしてくれたお客様、お誘いいただいたそして沢山サポートしてくださったスタッフの皆様、そして気付きを与えてくれたこの展示会。
『有り難うごさいました。』

※写真
今年のテーマの果実はりんご!
大野八生さんの絵を前にもんぺ背負い籠でポーズをきめてみるの巻( ´艸`)
 

&scene手創り市

 


雨も降らずにもってくれ、無事、ワークショップ、終わりました~

今日も一日がんばったー
とりあえず、早く家に帰ってビールを飲みたいと思います(≧∇≦)b

いらしてくれた皆様!
有り難うございました!
お声をかけてくださってあれやこれやサポートをしてくださった石井さん!そしてスタッフの皆様!
有り難うございました!

木立の下から空を眺めたくなる境内でした。
 

&scene手創り市

 


おはようございます。

三越、警備員さんにとめられる事もなく、無事一日を終える事が出来ました(笑)

そして今日ももんぺです( ´艸`)

さて、本日は&scene手創り市にワークショップで参加します。
花かご、箸、箸置き。
今のところ空きがあるようなので直前参加も大丈夫だと思います。

お待ちしておりまーす!
 

工房からの風から50人のクリエーション 日本橋三越

 


おはようございます。
三越に向かっております。
もんぺです。
初日二日目はそぐわしくおとなしくしていましたが、今日はトークイベント。
みなさまに楽しんでもらえるように、もんぺ背負い籠で向かっております。
これも稲垣さんがいいんじゃない?(^ー^)
本間さんがいいと思う((((*゜▽゜*))))
なんて目をキラキラ☆彡させながら言うからです(笑)
警備員さんにとめられないかなぁという不安を抱きつつ。。。
お待ちしておりまーす!
 

工房からの風から50人のクリエーション 日本橋三越

 


さて、茨城に戻りました。
帰り道にラーメン屋。
こんな夜中にがっつりやっとります。
うま~♡
ほえ~~♡

また土曜日に三越です!
作家たち多く在店しています。みな色々な想いや考えを持ってやっています。
話を聞いてみてください。
私も刺激をうける事ばっかりです。
そしてまた頑張ろうって思えます。

土曜日はトークイベントもあります!
皆さんぜひぜひいらしてみてくださーい!
プロフィール

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR