つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

テクラ 山の仕事展

 


1日はワークショップ!
2日より展示会始まりまーす!

で、値札つけたり、車に積んだり、あれやこれや一日がかりでやっとりました。

持ち物リスト、
落語CDは外せません!
どんな話かなぁ~。
これで長距離運転も楽しみです♡
 

musubi 水きりざるワークショップ

 


オオデマリ。可愛いなぁ。
コデマリもあって、今、蕾を沢山つけています。

5月24日(日)
国立のmusubiさんで水きりざるワークショップをしまーす!

募集はじまりましたー!

こちら

 

おはよーございます!

 
選挙の帰り、ちょっとだけ遠回りして湖畔沿いを走ってみる。



今日の湖はつるんつるんのべた凪で、



じーちゃんばーちゃんが仕事をしているそばで孫が遊んでいて、



菖蒲は今が勝負!
なんつってダジャレがすんなり出てきたりして(^_^;)、

今日も行方市はやっぱりいい所なのでした。

釣りの人が沢山いましたー!
他県ナンバーも沢山!



 

テクラ 山の仕事展

 


少し前の写真です。
満開でした。
梨の花。

テクラさんでHPに詳細をのせてくれています。

こちら

毎日遅くまでみっちり作り続けております。
へろへろです(笑)
でもあと少し!
終わったら一日休みをとってやるぞーーー!
おーーーっ!
 

松笠地蔵

 


先日、お墓参りの帰り道、少し遠回りをしてみました。
車もあまり通る事のない細い一本道。
松笠地蔵。
お線香から煙がむくむくあがっていて。
初物の筍とエシャレット。
おじーちゃんかおばーちゃんであろう姿をきょろきょろと探してみて。
なんかいいなぁ、こういうの。
私にこういう信仰心、こういう日常が受け継がれていない事をちょっと寂しく思ってしまいます。
私もお線香をあげてみました。
松笠地蔵、どんないわれなのかなぁ。
なんにも知りません。
ここに来ると、この先の友達の家によく遊びに行っていた頃を思い出します。小学生の頃を。そしてなんだか、甘酸っぱい気持ちになります。
 

桜、梅。また来年。

 


初春は通り過ぎてもうどっぷり春ですね。
なんならせっかちな私には夏の気配すら見えてきそうでドキドキしています。
先日雨あがりの晴れ間にジジーーーッと虫が鳴きだしたのには焦りました。セミなはずはないけれど、夏よ、やめてーまだこないでー!と心底願いました。
夏が嫌いなのではくて、むしろ夏が一番好きなのですが、でも早く来てほしいという気持ちは一切なく、ただただ、時はゆっくり過ぎていって欲しいのです。

数週間ぐらい前の写真です。
山桜。
おとなしいあかい色の葉と
ひかえめなさくら色の花。
例えば遠くから山を見ると、ぽっ、ぽっ、と山桜の木はあります。
ぽっ、ぽっ、と。

今年はやけに日本家屋の庭に咲く梅の様子に心奪われました。
合うんだなぁ、これが。
しみじみしちゃいます。
そんなお家に住みたいなぁ。

また来年、宜しくお願いします。

 

春うらら~♪

 




友人からチャリンコを借りていたので。
休憩に湖畔沿いをちょいと走ってきましたー!

なんて気持ちがいーんだーーーっ!!!

左は湖、右は田んぼ。
水がジャージャー注がれている田、隣でじっと水を待つ田、もうすでに水を蓄えカエルが鳴きはじめている田、GWは田植えですね!

白鳥が一匹!
近寄っていったら、ゥゥゥヴッとちょっと威嚇されたものの、私の目の前で見ていて飽きるほど首を水中につっこんで何かをとって食べておりました。

湖畔沿いの公園でクロッケーをするおじーちゃんおばーちゃんたち、消防の練習のようで先輩たちに教えてもらいながら湖に向かって放水していた若い消防士さん、船をなおしている男性たち。子供を抱っこしてその様子を見にきている若いお母さん。とそのお義母さんらしき人。お散歩していたところ自転車が通るからとよけてくれたのかな?先生たちに守られぎゅっとかたまってくれていたお揃いの薄紫の運動帽を被った可愛い可愛い子供たち。道脇の花の写真を撮っているとママチャリでラジオを流しながら通りすぎていったおじいちゃん。前の籠には一回まるめてしばってあるビニール袋が沢山!
田んぼの間を宣伝しながらつっぱしていた選挙カー。

日常って、なんか素敵!

これを書いているのはもう夜中です。
今は雨が降っています。

今日も一日お疲れ様でした。

おやすみなさい。
 

やよいひめ

 


「やよいひめ」という苺をいただきました。
大きさも丁度よく、色も可愛らしい赤で、茎がひょん!とついているのがまた胸キュンで、何より若い艶やかな感じにびっくりしました。
この名前、わかるわぁ~♡

日立の職人さんが来てくれました。
教室をやっていて、希望者があとをたたないとの事。
私のところにも教えてもらいたいと度々連絡があります。ワークショップや複数回単発ではやりますが、教室はまだまだ未熟で自分が覚えたいぐらいなので、そして時間もないのでお断りをさせてもらっています。
竹が沢山使われるし、竹細工に興味を持ってくれているのは嬉しい事ですね!

 

テクラ 山の仕事展

 


5月2日~11日まで静岡のテクラさんで企画展に参加します!

木工の加藤さんと!

木と竹の展示会になります!

1日は水きりざるワークショップ!
2日3日は在廊!実演もする予定!
2日夜は加藤さんと皆さんと写真を見ながらのトークショー!

を予定しています!

ぜひぜひ~!
 

狂言

 


初!狂言!
くすっとぷぷぷっと笑わせてもらいました。
狂言って、こんな世界だったんだー!

昔言葉が飛び交う中、あっあれっ?と。
この左様ならば(そうであるならば)、もしかしてさようなら(バイバイ)の語源?
さようならはどうしてさようならかなんて考えたことはありませんでした。
さようならはさようならで、花がはななのと一緒。空がそらなのと一緒。名詞ではないけれど名詞のようなもので、そういうもので決まったもので、そこにバイバイ以外の深みや広がりなんてありませんでした。

いただきます。もそういう風にとらえていて、大人になってやっと気付いた事でした。
私の頭ってどれだけかたいのか。
疑問を持つ事もなくそれはそういうものなのだと自分に入っていてそれをそのまま発してきてしまいました。
食べる前の呪文や儀式みたいなもので、そこに深い思い入れなんてありませんでした。
命をいただく。
外国にいただきます。という言葉はないようで。
日本人の心の宿る所、きめ細やかさに胸がわあっとなった事を今でも覚えています。
知るという事を通ったら、ぐっと食べる物食べる事が近くなって、
自然に今まで以上に感謝が出てきました。
子供たちにはちゃんと本質を教えてほしいなぁ。

異才を放っていたあのお方は、どうやら人間国宝だったらしく。
色眼鏡では見ないようにしているつもりですが、帰ってきてもなお心にあるのはあの佇まい、表情。
鳥肌が立ったあの始まり、一生忘れません。

プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR