FC2ブログ

つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

ごっちぁんです。

 


突拍子もない所から芽が出て咲いていたので。
仲間のもとへ。近くに一緒に植えてあげようかなと。

ザクッ。

フンッ。

・・・

切れ・・・

た・・・

ごめんよー(T_T)

しょうがないので部屋に飾り。

障子越しの明かりにうつむく水仙。
おっ?!
なんかええぞ?!
周りの空気まで変わったたようでした。

ごっちぁんです。




 

ピーチクパーチク

 


連日外での作業です。

今日は朝方寒かった~

いやぁ、それにしても鳥鳥鳥!!!
最近色んな鳥たちがピーチクパーチク言っております。

けっこうでかいぞ、なんぞなもし。
よく聞く鳴き声、なんぞなもし。

やっぱり・・・

野鳥の・・・

会・・・
 

ありがたや~ありがたや~

 
作業場にはふらっといろんな人が寄ってくれます。

昨日は植木屋のおじちゃんが。
こんな差し入れをいただきました。




先日は緑と風の農園をやっている○○さんが。
作っているトマト塩麹を持ってきてくれました。

トマト塩麹はこちら



なんだか皆さんすみません。
 

弟子入り裏話。

 


2日間の弟子入り。

職人さんに教えてもらってると言うとお昼ご飯を作って出してくれたのはおばあちゃんで、
カートにお茶の箱やらおせんべいの箱やらを積んで歩いてきて、職人さんに渡してくれたのもおばあちゃん。
「いつもうちの孫がお世話になってます。年期やった訳でもないし、色々教えてやってください。」
と。

私はおばあちゃん子です。
 

2日間の弟子入り

 


教えてもらいたい所があると言うと、職人さんが来てくれた。
外にござを敷いて座布団並べ2人竹を割る。
職人さんは竹を割りながら私の方を見ては
「それは足ぺぎの方が早い。」
とか色々注意をしてくれる。

弟子入りしていたらこうやって注意されながら1つのものに向かって2人で分担して作りあげることもあったはず。

隣で竹を割らせてもらっている事が弟子入りのようでなんだか感慨深くなり。
ぐっとうるっと泣けてきた。

もともと私はどこかに弟子入りしたかった。
憧れだった。
今は自分の仕事もあり、今からそういう訳にはいかないが、こうやってたまに短い弟子入りをさせてもらっている。



 

お蔵フェスタ

 




寺田本家さんのお蔵フェスタ!

駐車場までのろのろ走っていると、歩く人達の中に私の籠を持っている女性を発見!
あっ!○○さんだ!
ご家族でいらっしゃっていたようで通り過がりに窓からお声をかけさせてもらいました。
使ってくれていて嬉しいー。
と、ほんわか気分でのろのろしていると、、、
息子さんがおせんべいを抱えて車まで走ってきてくれ!
きゃ~!うわぁ、素敵なご家族(T^T)
ありがりとうございました~(T^T)

のっけから胸キュン出来事!
さいさきいいぞー!

イベントは凄まじい人におののきつつも、人混みにのまれ、かき分け、いやぁ、何を食べようか迷うほどのお店!
お腹いっぱい楽しさいっぱい大満喫してきましたー!

発酵足湯、暖まったなぁ。
民謡の中学生の男の子にも感動しちゃったなぁ。
酔っ払いのおっちゃんたちにも笑わせてもらったなぁ( ´艸`)

行こう行こうと思いつつずっと行けていなかったイベント。

皆さん来年はぜひ!

※写真は、、、
酒造の際に使う布たちを干していた様子。
とある窓越しから人の気配が漂う作業場を覗き見。
ハレの人ごみの中にもほんの一部分だけは静かに存在していて、こんな日頃のつくり酒屋さんの日常が垣間見れた事に、ドキッとしました。
 

かわいいやつめ!

 


ドアを開けて作業をしていたら、風にのって転がってきた。

萌え~♡(*´▽`*)♡
 

4年前

 
 

よみうりタウンニュース

 


かさっかさの枯れ草色だった所に、
新しい緑!というようなぷっくりキャベツのような芽たち。
ぷくっ!ぷくっ!と音が聞こえてきそうです。

読売新聞に週1入る、よみうりタウンニュースの取材の方がいらしてくれました。

1ヶ月後ぐらいに出るそうです。
 

おおかご!

 


職人さんのやっている教室へ。
半日職人さんに教えてもらいながら籠作り。
半日生徒さんたちへ籠を教え。

写真では伝わりにくいですが、
一枚ドアからは入らないぐらいのどでかい籠が仕上がりました!
その名も「おおかご」!
全てではないですがモウソウ竹です。
難儀しました~(>_<)

こんなどでかい籠、注文が来る事はなかなかないかもですが、覚えておきたかった茨城の籠です。他の県でもあるかな?
もしもいつかずっとその先、
一つでも注文があった時には、
「あいよっ!」
と臆せず軽やかに引き受けられる職人になっていたいです。
プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR