FC2ブログ

つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

めかい

 


「めかい」
これは栃木の職人さんが作った籠ですが、私もこれを作っています。

紐をつけて腰にぶら下げ。

ちゃんとすっぱく採りたてのぱん!としたみかん、大好きです。


 

鍋日和!

 


作業場に職人さんと陶芸もするなんでもものづくり屋さんと2人でふらっと遊びに来てくれました。
で、
土鍋をいただき♡



お二人が帰ってしばらくすると別の職人さんがまたふらっと遊びに来てくれました。
で、
鉄鍋を譲り受け。
(この大きさの笊を後で編むのです!)


んんっ?!
今日は職人さんしばり?鍋しばり?

本日も、面白く、幸せなのでありました(^ー^)









 

ゆたり

 


本日も竹伐り日和!

ここは雑木林でした。
山桜。
竹に負けそうです。

竹害。
竹を伐りにきても胸が痛く、そこかしこで山に竹が上がっている様子を見ては胸を痛め。

竹が悪者にならないよう、もっと竹を使って欲しいです。
竹林整備ももちろんだけれど、私は需要をうみだすという方向から竹害を考えたい。
そんな思いも竹細工をはじめたきっかけでした。


午後は「ゆたり」の取材が来てくれました。
ゆたり出版→ツクリテと入っていった所に載せてくれるのだと思います。
掲載されましたらまたお知らせします。

ゆたりはこちら
 

はたき

 


篠竹に余りぎれをくくりつけて作った「はたき」。
和室には長押があったり障子があったり、掃除にはこれが必需品です。

個展そして大ものワークショップとそれらで頭がいっぱいでそんな中で急ぎの仕事も入ってしまったりで、メールの返信やらあれやこれや出来ていなくて申し訳ありません。
山盛りになっていて、見るのが怖いです^^;
ワークショップの片付けをし、たまっていた洗濯をし、部屋も作業場も掃除をしました。
いつもイベント終わりは気持ちの切り替えにいったん掃除っす。

うし!
 

カゴアミドリ

 
個展は終了しましたが、いくつかの籠たちはそのまま置かせてもらっています。

取り急ぎお知らせまで!
 

工房からの風

 


私はワークショップで参加させてもらった先月の工房からの風で「手の本」がうまれました。
製本は今年の出店者の鴫原さん。

鴫原さんはこちら

手の本についてはこちら

私も寄稿させていただきました。
以下。

竹の職人さんは、みなおじいちゃん。
よろよろやってきて、
ぺしゃんこになった座布団に、座る。
笊を・・・編む。。。
手さばきに、感嘆しながら絶望した。
人が変わったようだった。
はたして私も、なれるだろうか。
「手が覚えている」
・・・と言えるぐらいに。








 

たらし

 


カゴアミドリさんでの展示会でご購入いただいたお客様からこんな写真が届きました。
「たらし」
野菜などの水切りざるですが、こんな風に使ってくれています。
ハーブを干すものが欲しかったそうです。
素敵な使い方!
有り難うございます(≧∀≦)

もう一枚!

 

茨城新聞

 


ゴショグルマ(ユキノシタ)
ムギュッとした赤ちゃんの手のような、葉っぱの赤ちゃんがかわいいです。

ネットで見れるようになりました。
11月9日をクリックしてみてください。
こちら
 

威力たるや。

 


割った竹を外に干していたところ、本日もまたブーンブーンと大きな音をたててオオスズメバチさんがやってきました。
小さなハチを追いかけている模様。
即座にこれを取り出し木にぶら下げてみる。
ものの10秒!中に入りました!
すごい。
威力たるや。
出れない仕組みになっているようですが念のため口を塞ぎ。
ごめんよオオスズメバチさん(T_T)
中で蓋付近にとまって生きています。
ホントにごめん(T_T)
さて、どーしたものか。

速報でした。
 

カゴアミドリ 「青竹のかご展」

 


昨日をもちましてカゴアミドリさんでの「青竹のかご展」終了致しました。

沢山のお客様にお越しいただけたようで、本当に嬉しくそして有り難い気持ちでいっぱいです。

これからもお客様に喜んでもらえる籠を作っていけるよう精進して参ります。

カゴアミドリさん、お誘いいただき有り難うございました。

今日の私の気持ちを反映しているかのように、空は青く湖面は輝いています。

プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR