つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

機微

 


仕事脳から強制的に解放させるべく。
今日はこれ。
内から、他の本からはあまり感じえない角度から、じわーっと胸を鷲掴みにされて、じわーっと握り潰されていく感じの嫌さ。とゆーか、人生のきび。事例としてはなかなか無い事だけれど実は良くあることを描いてくれていて、嫌だなと思いつつ、とまりません。
今思えば尾崎放哉の事を書いた海も暮れきるもそんな印象でした。
吉村先生の、他のも読んでみよう。
 

((((;゚Д゚)))))))

 


図書館で借りた本。

今日はこれにするかーと読み始めたら、、、

((((;゚Д゚)))))))

つい最近読んだやつじゃん!

二回借りてもーたー。

新しいの、読みたかった(T . T)

ちょっと凹む。

二コマ戻る。



ふんっ!
でもまだあるもんね。

気を取り直す。

二コマ進む。
 

バナナんバナナん♪

 


図書館の本です。
装丁、くたびれています。
さすが超有名本。
 

今宵は

 


知り合いの方から、ずーっと借りっぱなしで^^;、やっと読みました。

山陰だよーっ!

素敵な夫婦のお話だよーっ!

心の中であの人とあの人に叫んでいます。
 

夜の幸せ。

 


布団。ぬくぬく。本。
あとは寝落ちするだけ。

という状況が幸せー。

最近小説ブームです。
 

あっちとこっち。

 


こんなことはかつて無いです。
関東の中でも雪は他よりはあまり降らない行方市、降ったとしても次の日にはだいたい溶けてしまう行方市、今日もまだまだ積もっています。

沖縄のやんばるの話でした。
夜読んだのですが、対照的だったので、パシャリ。
 

やはり、、、

 


西岡さんの本はほぼ読んだと思いますが、違う視点からの本。

いつもならほっとくのですが、週末ワークショップがあるので、病院に来てみました。

あまり待たずに帰れそうです。

よかったよかった。
 

移動移動

 


常陸太田から家を素通りし、高速バスで東京へ、今は新幹線に乗っています。
とある編みの仕事をしてきます。
そういえば、昨日までは千葉にいた。
なんだかわたわたで、めまぐるしい^^;
ご褒美ビール。
友人から借りまして、
火花、読んでます。
新幹線の中だけは自分の時間だね。
 

工房からの風

 










工房からの風、続き、、、
モニュメント周りの言葉のテントにて、つくりてさんたちの心にある本、並んでいました。

私はこれらの5冊、にしてみました。

お客様から、勢司さんの、そっち方面に振り切れてましたねぇ( ̄∀ ̄)と言われました。

えっ?!(゚o゚;;

他人の本棚、面白いですよねぇ。その人が見えてきて。

数ページめくり、これはあとでゆっくり読みたいやつ!と既に買う事を決めた本もありました。

皆さんの本リストプリントを貰いまして。あとでじっくり物色しようと思っています^^
 

かぐやのかご?

 


図書館の方が私に見せたい本があると個人的に連絡をくれました。

伺うと、この本を出してくれました。
塩松さん!もちろん沢山読んでいます。
このような児童向けの本も出されていたのですね。幅広い。でももちろん、そっち方面の内容の題名!

お子さんが返却してくれた本、気になって自分でも借りて読んでみたそうです。
読んでみて、竹の種類は違うけれど、えみちゃんはこんなおばあさんになっているんだろうなぁ、なってほしいなぁと思ってくれたそうです。

真竹の職人さんはみなおじいさん。私はどうしても自分はおじいさんになるとしか想像出来ていなかったので(^^;;、おばあさんと言われて、どんなおばあさんなのだろう?と興味が湧きました。
表紙と細い竹という前情報から、すず竹だろう、なら女性のお仕事、と思いましたが、それでも、どんなおばあさんなのか気になりました。

読んでみて、、、

もちろん素敵な本でした。

でも内容よりも、そう思いながら読んでくださった、それを伝えてくださった、その方を歳上なのですが可愛らしく素敵に思いながら読み進めてしまいました。

話かわりまして。
先日、到着してから軽トラの荷台に置いていた布切れが無い事に気付きました。何かの拍子に飛ばしてしまったのだろうと。すぐ来た道を戻ったのですが、ほんのほんの数分の間に、誰かが道脇の看板に引っ掛けていてくれていました。わざわざ車を停めて拾って引っ掛けてくれたのだなぁと思うと、行方市、最高だぁとしみじみしました。

忙しくて心が無いと書く私は、そんな優しい皆さんに、諭されています。
プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR