つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

果物かご

 


大分の亀井先生より教えてもらった形です。
少し変えたところもありますが。
久々作りました。

百職さんでの展示、いつもの定番に加え、これも並びます。
 

洗濯かご

 


脱いだものを入れておくのは違う形で、これは干す時とりこむ時に使ってます。
陽を浴びたふかふかの服の入った籠を抱えるように両手で持つ感じが一瞬素敵な女性になった気になります(笑)←わかります? いつものガサツな私からおとなしい柔らかな人になった気になります(笑)
なので使いはじめはがばっと片手で持てるように改良しようかなと思ったのですが、どうやったら動く手がつけられるかまだ見えてないし、形としてはこの手の感じの方が絶対可愛いと思っているので、しばらくは一瞬素敵女性になれるこの魔法の籠を使おうと思ってます。
 

モビール

 


飾ってたモビール作りなおしました。
渡し骨はもちろん竹で、でも前より細くして、竹のオーナメントがメインで、あとは今回は食べ物系で固めてみました。唐辛子つんで乾燥させといたりニラの種もその時期にとっておいたり。八角もかわいいからそれは中華食材コーナーで買ったものだけど、もらったなんとかモモの種とかも色味が可愛くて入れてみたり。あとこれならどうかなと紐も変えてみたり。
※竹のオーナメント、太陽みたいなものと星と、二種入れたら、収穫の恵みみたいになって、なんかしっくりきた!

風はないのに、この写真を撮ってから10分後、今もまだなお回っております。
良いかもー!

自分のために何か作るって気楽だし失敗してもどうってことないしむしろ勉強になるし、挑戦出来て楽しいだけ!
このワークショップとかやろうかなぁ。地味ーに楽しい♪
 

まじか。

 


鯉のぼりのかご玉、2個以上積んだことはなくてやっても3個だと思っていたのだけれど、吉田さんは5個積めると言っていた。
まじか。
 

今年も

 


あの800本のひごたちはこうなりました。

今年も香取神宮さんに無事納める事が出来ました。

御田植祭、今年は4月7日8日となるそうです。

毎年こういった仕事が出来るのは、嬉しく有難いことです。
 

今年も

 


今年もついにこの季節、、、
 

2。

 


大きな大きな椿の木。
ずっと一花だったのですが、今日もう一花咲いていました。
よかったね(*´꒳`*)



友人にプレゼント。
夫婦箸として。
あなたの笑顔で私も幸せ(*´꒳`*)
ありがとう(*´꒳`*)
 

小さいサイズで。

 


たまには籠の写真も。

右の籠を買ってくださった方より、口径30センチぐらいでとのオーダーが。

うん、小さいのも可愛い♡

それにしても寒い。寒すぎる。

朝晩は手がかじかんで仕事に支障をきたしております。
外の水だけでなく、古い家なので家の中のも凍っている日が。
車で水運んでやってます。
ホント、困る。
 

ご注文

 


久々籠の写真も載せますかぁ。
展示会で出していたどでかい平たい籠のイメージをもとに、大きさ高さシルエット、オーダーで作らせてもらいました。
 

初釜

 


初釜で柳を入れて使うそうです。

ある器の作家さんに勉強になるからお茶を習った方がいいと言われた事がありました。
しかし時間的余裕無し。
でもずっとずっと心に引っかかっております。
たまに細々ご注文を受けつつ、そんなものがあるのかそういう風に使うのかと垣間見させてもらっています。
プロフィール

emiseishi

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR