つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

ナイス使い方!

 


本日も8メートル、竹材屋さんがまたあらたに持ってきたので割っとります。。。
芽下のところ、使わないので捨てるのに短く切ろうとしたところ、おじちゃんが、あーそれ使うから!と。
何に使うんですか?と聞いたところ、
中華料理屋の下水パイプ掃除にちょうどいいのだと。
ほほ~。
ナイス使い方。
 

ねこちゃんの。

 


とあるお宅の猫ちゃんの寝床、お借りしていました。
カゴのなかには綿入れ座布団、くるっと丸まり眠る猫、絵になるわぁ。
で、寸法などを真似て作ってみました。
自分用あくまで見本ということで、適当にざっくり速さ重視で作ってしまいましたので。
細かいところは見ないでください(^_^;)
 

 


これも簡単だけれどいわゆる箍。
今日は箍祭り。
こちらは直径13cm。
枝折戸の一部に使われるようです。
 

たたき台ですが、

 


8メートルぐらい。
桶ではないのですが、昔ながらのとあるものの箍(たが)になるようです。
これをたたき台として、あと厚みとか、やりとりさせてもらいます。
竹って本当に様々なものに使われていますねぇ。
 

お蕎麦

 
先日の事ですが…

手打ち蕎麦(つけ汁付き)をいただきまして…



開けてびっくり!
えーっ!!これ、作ったんですかーっ!!
凄すぎる(O_O)
美しいっ!



で、竹の菜箸でぐらぐらの鍋の中の蕎麦をほぐしまして、
竹笊にあけて水をきりざっとあらいまして、



竹の平笊にもって食すのでした。

竹箸で。

という事で、蕎麦と竹は相性が良い!

それにしても、美しいつるんとしたお蕎麦に、絶妙な香りと味わいのきのこのつけ汁、お互い調度良い相性で、相乗効果、お世辞ぬきにうまかった~。

大変美味しゅうございました。
ご馳走様でした(^ν^)
 

たかが箸、されど箸 。

 


菜箸も作っているのですが、これがなかなか人気でして。
リピートしてくださる方が本当に多く。
竹の箸って使いやすい!と言ってもらえると、なぜか私が鼻高々なのです( ^ ψψ ^ )
箸とはいえど、これが結構難しいのですよ。
竹も選びます。
手作りですので一膳一膳少しずつ違います。
手にとって好みの持ち手のところの太さ、先の細さ、選んでみてくださいね。
 

 


豆腐田楽の串。

ネットで調べたら二股に分かれてたけど、これでいいって。

 

背負い籠

 


長野かどこかで買ったというちょっと変わった古い背負い籠をお借りしまして、みようみまねでざっくり作ってみました。
やらないとわからない、失敗したところもあるのですが、これを見本に今度は上手く作れると思います。
レパートリー、増えた^ ^
 

試作品

 


とある試作をやっています。
すこーしひご幅が違うだけで、全体の様子が結構変わります。
これがどう形になるのか、ならないのか、あとはお任せの部分が大きいのですが、私も楽しみなのであります^ - ^
 

いぇーい!

 


いぇーい!終わった!

各種まとめて3400本!

やりきったーT^T

あとは乾かして最終確認数えるのみ!!

あっ∑(゚Д゚)

数えるのって、結構時間かかる~_| ̄|○
プロフィール

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR