つくりて 勢司恵美。

ワークショップや展示会のお知らせなどなど・・・

RSS     Archives
 

世の中の縮図をみたり。

 


どっぷり。春ですなぁ~~~

ユキヤナギ、好きだなぁ~~~

話変わりまして、、、

さきほど、仕事着がボロッボロだったので、スマホで『仕事着』と検索したところ、ど頭にずらーっと美しいOLさんたちの画像が出てきたので、はっΣ(゚д゚lll)としてしまいました。

そりゃそうだぁ~(笑)
世の中、そりゃそうだ~(笑)

『作業着』と検索しなおしました^_^;
 

ゆけゆけ、乙女のつくば道

 




4月1日2日 ゆけゆけ、乙女のつくば道
2日の籠のワークショップ、お申込み有難うございました。
1日の箸置きのワークショップは時間内随時受け付けとなります。
お待ちしております^ ^

さて、同じ庭にて、布団屋さんと箒屋さんのワークショップもあります。

ミニミニほうき と お昼寝ふとん ♡

ほうきは以前に参加させてもらった事があるのですが、こちらも編み編み、楽しかったです^ ^
まさしく、豆を挽いたあと、使うといいと思います。

ふとんは、このタイプのものは今やポリエステルのものも多いところですが、綿布団、やはり、間違いなく、寝心地がいいです。私も使っていますが、お昼寝どころか熟睡、いや、爆睡してしまうことでしょう(笑)

枝垂れ桜の咲く庭にて。そしてあの素敵すぎるお家にて。

お待ちしておりまーす^_^

詳しくはこちら
 

退化

 


朝から晩までずーっと座り仕事なので、

脚が、退化しそうです^_^;

田舎生活、車生活で、

脚が、退化しそうです^_^;

作業場に寝っころがって書いています。

竹くずまみれ~

どーでもい~

ちかれた~

上半身しか動いてないのに疲れるもんです。

お腹もちゃんとすくもんです。
 

恩師

 


竹の学校では白竹を使いました。基本を学ばせてもらいました。
卒業したあとに、青竹の扱いと、仕事としての竹細工を教えてくれたのは、亀井先生でした。
工房に通わせてもらい、勉強させてもらいました。
今の私があるのは、亀井先生のおかげです。
学校で特別講師として教えていたりもしたので、先生と呼ばせてもらっていますが、伝統工芸士でもあり、先生でもありますが、バリバリの職人さんです。
白、青、どちらも、工芸品のような分野も、笊も、幅広く作られています。すごい。
今私が作らせてもらっている籠たちのおおもとは、ほとんどが亀井先生に教えてもらったもののような気がします。
今沢山作らせてもらっている茶碗めご、これも亀井先生に教わりました。
他では見た事がないつくりだったので、話をきいたのですが、亀井先生のお父さんが考えたのかもしれないなという話になりました。
めごとは大分でいう籠の事で、そのルーツを大切にしたいので、私は今でもあえて茶碗めごと呼んでいたりします。
最初は丸の小さいものを教えてもらいました。そこからひご幅大きさを変え、形も丸だけでなく長丸も作るようになりました。
友達もいるので、何年かに一度は別府に帰りたいなと思っているのですが、昨年もそんな機会がありました。
その時の写真です。
亀井先生と、奥さんと、息子さんにお会いして、お邪魔しちゃいけないと思いつつ、数時間も、喋って笑ってきたのでした(笑)
あの場所は、私の源です。
亀井竹芸、隣では籠も販売されています。

そして今日も茶碗めご、ここ茨城にて、編んでいるのでありました。
せんせーい!また遊びに行きまーす╰(*´︶`*)╯
 

オイル交換

 


ガソリンスタンドにてオイル交換してもらっています。

セルフのスタンドが増えましたが、うちの近くでは、一軒はおじーちゃんおばーちゃんが、もう一軒はおじちゃんおばちゃんが、入れてくれます。

おしゃべりしーしー、癒されます^ ^

しーしーとは方言です。しながら、ね。

来る途中、あっちもこっちもの、春にびっくりしました。

いつの間にか一気にやってきていたようで。

大地から、ぐわっーっと。



湖岸沿いを通って戻ってきました。

べた凪。
 

えっ?!

 


鯉のぼりのかご玉、友人が紹介してくれ、友人とそのお客さんが、今日一緒に取りに来てくれました。

私に連絡をくれた時の話を聞きました。

お客さん『鯉のぼりの上につける竹のやつ、近くで作ってた人も亡くなっちゃったし、人形屋さんも竹のは無いって言うし、なかなか見つからないんだよねぇ。どこかで作ってる人、知らない?』

友人『知ってるますよ。』

お客さん(すぐ返事が返ってきた事に、まずびっくりΣ('◉⌓◉’))

友人『連絡してみますね。』(Lineを始める)

お客さん(おじいちゃんなのにLineやってるの?!とまたびっくりΣ('◉⌓◉’))

友人『同級生なんです。』

お客さん(おじいさんじゃないの?若い人なの?とまたまたびっくりΣ('◉⌓◉’))

という流れがあったそうです(笑)

そしてさらに、女性だという事にまたまたまたびっくりされたそうです(笑)

ウケました(笑)確かに(笑)
 

さっきは沖縄の海。今度は日本海。

 


日本画をやっている友人がおりまして。武山剛士。大分の竹の学校の同士です。

その時彼は、立体を作る時の素材として竹を扱ってみたかったのだそうです。

絵の事はよくわかりませんが、東山魁夷記念 日経日本画大賞展で授賞したりと、なかなかやりよるみたいです。

以前に一度、個展を見に行かせてもらった事がありましたが、それは暗くて静かで激しくて、そして真面目で、すこぶるかっこいい絵なのでした。

漆もやっていた事があったそうで、竹と漆の、立体ものなんかも作っていたりするようです。

彼がホームページを開設したとの事で。

こちら

※写真は能登の海。その彼からスケッチの旅に来ているといって、ある時送られてきたものです。
 

友人より

 






沖縄本島に住む友人より、久高島に行ったと写真が送られてきました。

癒され~(*´꒳`*)

あ~潜りたい。
さかな見たい。
ビール呑みたい。

沖縄、行きたーーーい!!!
 

感無量

 


昨日とあるおじいさんがふらっと寄ってくれまして。
もと職人さんでした。
家は近いもののなかなかお会いする機会もなくて、私が会いたがっていたら、それを聞いて寄ってくれたのでした。
今は足を悪くしてやめてしまっているけれど、ガシガシワシワシやっていた時代のかっちょええ職人さんなのでした。
刃物の話になり、鍛冶屋さんが無くて困っていると話すと、今日、それらを携えて、また遊びに来てくれたのでした。
置いといては錆びるだけだから、使ってと。
いやぁ、かっこいい。使い込まれた道具たち、かっこいい。その人らしさも現れていて、惚れ惚れする。
知らない道具もあり、そして未熟なため、残念ながら私には使いこなせないかもしれませんが、有り難く、挑戦させてもらいます。
自分の仕事、セーブして、勉強したい気持ちがここ何年も山々と。そして今も張り詰めそう。
断るという事を、覚えなければいけない、崖っ淵のタイミング。
来年こそは。
 

配達~

 


福島に嫁にいった、友人が頼んでくれました。

茨城では海側に多いものの、茨城の内陸、千葉、福島に入ると姿を消してしまうこの鯉のぼりのかご玉。

福島に上がるのかぁ。嬉しいです( ^ω^ )

あっ、配達は福島ではなくご実家にお届けデス。
プロフィール

Author:emiseishi
『竹かごや』 
茨城県行方(なめがた)市。
霞ヶ浦と北浦の間の
田んぼと畑が広がる
キラキラ☆した所です。
毎日竹々しています。




検索フォーム



QRコード
QR